フルーツ酵素とサプリ酵素どっちがいいのか

サプリにもいろいろな栄養素があり、一人暮らしの人ほど、サプリにも頼りがちになる傾向にあります。

しかし、酵素はサプリだけでなく、案外身近なフルーツからもとれると知っていましたか。

酵素サプリの選ぶ時のポイントを知ろう

酵素サプリも、酵素そのものというよりも発行させた野菜や果物が入っています。

それらをとることで、食物繊維やビタミンがとりこめるのです。それにともなって、体の中にある酵素も活性化されていくと言う仕組みです。

酵素そのものでないことに気づいていない人も多いのです。

とはいえ、酵素の働きをよくするのて、サプリを使う価値は十分にあります。

選ぶときも原材料で果物や野菜でどのようなものが使われているのかチェックしましょう。よくあるリンゴやバナナやキウイなどがあれば、やはりサプリの効果も期待できます。

耳慣れない野菜も、怪しいときもあるので気を付けましょう。
また、サプリは個人差も大きいのですがそれでも口コミを見ておくと、体験した結果もわかるので、それをもとに選ぶようにしましょう。

フルーツ酵素は素直に体へととりこめる

確かに酵素サプリと比べると、フルーツ酵素の方が素直にからだへと取り込めるでしょう。
ただし、胃のなかで働きを失うことも多いので、一口くらいの少ない量では効果はありません。食べ過ぎると太る原因にもなりますが、きちんと食べることは必要です。それにより体内の酵素を補充したり、活性化していくので、たとえば朝御飯などにフルーツをとる方がよいのです。

サプリだとカプセルなどを飲むだけですので、味気もなく、薬のような感じです。以外とそれだと忘れやすくなったり、すぐにやめてしまいがちとなるのです。
ところがフルーツだと季節で変えたり、旬なもので味も楽しめるので、食べる楽しさもあって続けやすくなります。

使い分けをしていけばよいのかもしれない

フルーツ酵素と控訴サプリの効果も、それほど大きな差もありません。どちらかで本来は、まかなえるとも言えます。しかし、続けやすさや費用を考えると、どちらもメリットデメリットもあるようです。

ですので、たとえば朝御飯がわりにフルーツを取り、仕事の昼休みや休憩時間にサプリをとるなど使い分けをしてみた方がいいかもしれません。